« ザジテン。 | メイン | 鑑賞記ー9nineー »

2009/03/28

コメント

ぷかぷか族かわいいですね(*^o^*)

ラッコがそうなに温いとは…! ラッコの持っている石はマイ石で、いつも持っているらしいですよ。

ちなみに
ぷかぷか族はサメにとってはマズくて
食べられない存在なんですよねconfidentheart04


いやぁ
月さんのネーミングセンス[E:#xE479]光りますネ[E:#xEAD8]heart04heart04

月さん可愛い♪
私もラッコ大好きです☆

10万本!!すごいぬくそうです。笑

ぷかぷか族w
月さんらしいいいネーミングセンスかと^^
あぁ…月さんと水族館に行ったら楽しそうな感じします…
ってか絶対楽しいw

久々に水族館に行きたくなった覇音でしたw

なるほど~!
そんなに毛が生えているから、
ぷかぷかしていられるんですね~^^

でも、生き延びる為に海に逃げて
ぷかぷか族になったのは、
悲しいですね;;

ラッコにそんな秘密があったとは知りませんでした。

手を繋いでいるが可愛いですよね♪

ラッコにそんな秘話があったなんて(´・ω・`)

今までラッコはずっと海の上に住んでるもんだと思ってました(笑)

海遊館…水族館自体は好きなのですが、
海遊館だけは苦手です。
ジンベイザメ(今はいないのか?)のいてる
分厚いガラスで酔ってしまうんです…。

中学の修学旅行で海遊館に行った時、魚を見るのが怖い私はラッコとペンギンと亀だけ観賞。あとはひたすら水槽に背を向け、壁に張り付き一切魚を見ずにお土産コーナーまで走り抜けたという思い出があります(-.-;)

デカイ魚、怖くないですか?
それ以来水族館には一度も行ってませんが、ラッコとかセイウチ見たさにうみたまごには行きたいな~とか思ってマス(^_^;)

ラッコにそんな暗い歴史があるとは・・。
人間って怖いですね;;

ラッコにも凄い歴史があるんですね(-*-)

たしかにラッコは陸に上がったとこあんまり見ませんね..

前にテレビで手を繋いだまま泳ぐラッコの夫婦を見たことがありました
『手を繋ぐだと…?』(笑)と思っていたんですが、たしかにしっかりギュッと手を繋いで身を寄せ合って水に浮かんでいました!
めちゃめちゃ可愛いですよ!

人間こわい(ρ_;)

そういった事はやはり乱獲なんですね
やりきれない感があります

ラッコの毛にはそんな秘密が隠されていたんですね!ぷかぷかも生き残るための進化というか、変化みたいなものだったとは……。
ますますラッコが好きになりました。


ラッコ…貴方はそんなに
毛深かったのね(´Д`)

それにしても月さんの
知識には毎回驚かされます。

ラッコは陸上で暮らしていた生き物だったんですね。知りませんでした。

たしか、ラッコは眠る時、野生なら昆布などを体に巻き付けて眠るそうですよ。水族館では、手を繋いで眠るそうです。一度見てみたいですね(´∀`)

水族館は今まで一回しか行ったことがないです…癒されますよね

僕も動物大好きなのでジィ〜〜φ(.. )っと見てしまいます。ペットショップに行くと子供の様な眼差しで固まってしまう(#^.^#)とくに、ちっこいハムスタ〜。

今までこれ見よがしに貝をパクつきながら自由に泳ぎ回ってると思ってました。
生き残るためのぷかぷかだと思うと悲しくなちゃいますね。

強欲強欲ぅ!
さすが人間。

ラッコ可愛いですよね。
わたし的に、地球上の生物で一番可愛いのはラッコだと思ってます。
あの手が…手があああ…!!

手を繋いでる姿をみると萌え死にしそうになります。笑

ビーバーは修道師が食べたから絶滅寸前に陥ったって、キートン先生が言ってた!

ラッコってそんな毛深いのかwそれは知らんかったです。
陸上生活しなくなった原因が人間だったとはなんとも皮肉なものですね。

そういえば結構前にトリビアの泉でラッコの毛を一本一本数えるってのやってましたよね。
確かラッコだったと思うのですが。
私は水族館でラッコの写真にすら過敏に反応してガン見、友達に強制連行された経験があります。(あー!とか叫びました)
痛々しいですね!

ほーなるほど!
ラッコについてとても勉強になりました☆

にしても、最近水族館ネタ多いですねぇぇp(^^)q

ラッコにそんな哀しい過去があったとは
進化って凄いですね

 毛深っ!(……という表現は可愛くないけれども) 触ってみたいですね~。ラッコ、大好きです。テレビ番組の実験でウニの殻を一生懸命割ろうとしていたラッコが、痛々しくもヤバいほど可愛かった!
 ラッコと聞くと、「ぼのぼの」という漫画を思い出します。あの漫画に何度癒されたことか!

ぷかぷか族って呼び方がまた良いですね(^-^)

そんなに生えてるもんなんですかー・・・
もふもふしたいです

ラッコの毛の本数に、驚きを隠せませんでした。

この記事へのコメントは終了しました。

フォトアルバム

 ○○RELEASE INFORMATION○○

NEW ALBUM
「ビューティフル・デイズ」(前後編)

ビューティフルデイズ前

2016年11月9日発売
6曲入りCD+MV
¥2,000-


ビューティフルデイズ後

2017年4月26日発売
6曲入りCD+MV
¥2,000-

  

天野月(子)
15周年企画アルバム
「元服」

元服ジャケ

2015年11月18日発売
10曲入りCD+7曲入りMV集
¥2,700(税込)

天野月
ニューシングル
「BLACK BEAUTY」

ブラックビューティジャケ

2015年11月18日発売
2曲入りCD
¥1,000(税込)

 

天野月ALBUM
提供楽曲セルフカバー
「帰省ラッシュ」

帰省ラッシュのジャケ

2015年6月10日発売
20曲入り2枚組CD
生産限定2,000枚
¥3,800-

 

天野月 MINI ALBUM
「ごもくならべ」

ごもくならべジャケット

2014年10月1日発売
5曲入りCD
¥2,500 

 

奥田美和子と天野月
第一弾シングル
「無限」

6a0120a66761ae970c01a3fcab605c970b-250wi

2014年2月12日発売
CD+DVD
¥2,000

 

天野月 ALBUM
「Daisy」

Daisy_限定版(変換後)
2013年9月25日発売
KURA-0044
(初回限定盤・2CD)
価格 ¥3,900-

Daisy_通常盤(変換後)
2013年9月25日発売
KURA-0045
(通常盤・1CD)
価格 ¥3,000-

 

天野月 バラード集
「静かの海」

H1_h4,jpg
2012年11月7日発売

KURA-0042
価格 ¥3,000-
形態 CD1枚

 

天野月 ALBUM
「天の樹」
DGCA10041_J
2012年7月25日発売
DGSA-10041
価格 ¥3,000-
形態 CD 1枚
 
 
天野月 MINI ALBUM
 「薔薇と真珠」
KURA40_J

2011年11月9日発売
KURA-0039(通販限定盤・完売)
KURA-0040(通常盤)
価格 ¥2,500
形態 CD 1枚

2019年11 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad