« はぴばすD。 | メイン | かなしすぎる訃報。 »

2009/07/29

コメント

外側からみると、卵に近い形か、三角形に近い形かなどもありますが、皆様のコメントが既になされていますので、
それ以外での分け方(の一つ)としてご紹介いたします。

まず、貝(軟体動物等)には「外套膜」と呼ばれる体の部分があり、この部分に沿っ
て、貝殻の"内側"に「外套線」と呼ばれる形(模様)が付きます。

この「外套線」の形は横に広がった半楕円のような形をしており(貝の種類によって、この半楕円の大小・長短の違いはありますが)この部分の長さも種を特定する要素の一つになっています。

さて、上記を踏まえた上で、「ハマグリ」や「アサリ」と一口に言っても、実際には
もっと細かい種類が複数ありますので、例外もあったりしますが、

「ハマグリ」→基本的に外套線は短め
「アサリ」→ハマグリに比べると、外套線は長めとなっています。

機会が有れば、貝の内側を観察なさってみると分かりやすいかも。
稚拙な文章ですみませんが、情報として書き込みをさせて頂きました。

尚、これは「あさり」、「ハマグリ」の区別をする際の話です。実際の生物分類に関する要素の一つでしかありません。実際には他のパーツも違いが色々ありますので、勘違いをなされま

はじめてコメントします

あさりとハマグリの違いですか
私は貝殻の形で見分けてます
楕円に近い形のがあさりで、三角なのがハマグリってな感じです

あさりとはまぐりの違いですかぁ..私も分からんとです(笑)

あさりは2年かけてやっと市場に出回るんだぁ(☆o☆)だから値段が高めなんですね~。あまぺでぃあ、勉強になります☆

はまぐりって滅多に食べないです。っつーか全く食べないなぁ(笑)

貝類は苦手です(o_ _)o

さ す が 月 さ ん
もう着眼点から違いますよね・・・w
私なんてアサリ食べたら
「このっ!くそ!なんで貝柱がとれねぇんだよぉぉぉぉぉ!!(泣」
だけですからw

アサリとハマグリ・・・。
どっちも美味しいということで!←

あさりとはまぐりの違いですか~
相変わらず月さんの疑問点は周りの予想を超えたところにあるみたいですね(笑)
あさりとはまぐりの違いですが、
あさりは学名 Ruditapes philippiarum、英名 Japanese littleneck、
異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科に属する二枚貝。
対してはまぐりは学名 Meretrix Lusoria、英名 Common orient clam、
異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科に属する二枚貝。
両者ともマルスダレガイ目マルスダレガイ科に属してますから
近い種類の貝なのは確かみたいですね~
それと、他の方も言われていることですけど、
あさりの貝殻はざらざらしていて、ハマグリの貝殻はつるつるしてるみたいですね~
違いといえそうなのはこれぐらいでしょうか?
ちなみに私は牡蠣を除いて貝はどれもだめです><
昔味噌汁に入ってた貝を食べて「ジャリッ」と来てからは食べる気になれなくて;;

浅瀬に生息し、体長4センチ位で貝殻の表面がザラザラした浅瀬で採れる2枚貝があさり・・・
で、
浜辺に生息し、体長8センチ位で貝殻の表面がツルツルした浜辺で採れるまるで栗のような2枚貝がはまぐり・・・
らしいです。

月さんが知りたい、と言っていると調べたくなるのが性というものですが、色々なところで調べてみましたが、ハッキリわかりませんでした。

月さんもご覧になったかもしれませんが、Wikipediaには、アサリは泥分の少ない場所に棲む、と書かれている一方、とあるページを覗いたら、ハマグリが着底しやすい場所は泥分が少なくて、河口に近く、サラサラした砂の多い干潟と書かれていて、「アサリはハマグリに比べ、泥分の多い干潟を好む」と書かれていました。

間違いでなければアサリよりもより、泥分の少ない場所を好むようです。

そして、ハマグリは「移動分散能力が大きく、河口干潟への依存度も大きいのが特徴」とも記されていました。

素人には何のことだかさっぱりですが、生態には若干の違いがあり、分類も別のものに分かれているということのようです。

国内で見かけるハマグリはほとんど中国産で、熊本でとれるハマグリも流通しているのは僅かだとか。

ハマグリの生息域の沿岸を工事したことによって数が減ってしまい、アサリは条件が揃えば爆発的に増えるけれど、ハマグリは細々としか増えていかないらしく、存亡の危機にさらされているようです。

私はハマグリ食べたことないので、食べてみたかったですが、存亡の危機とか言われると、ちょっと可哀想になってきました…(ρ_;)

ちなみに私はこの前、宇宙ステーションについて調べていた流れで、月についても調べていたのですが、引き潮・満ち潮って、月の引力が関係してたことを知りました。
20年以上生きてきて、今更知りました…(汗)

Wikipediaはハマグリの生態については詳しく書かれてないのに、宇宙についてはやたらと詳しく書いてありました(爆)

Wikipediaですら載ってないことを調べるのは大変ですね…。
読んでも知識がないからサッパリです。

月さんは、Wikipediaの説明だけじゃ満足しないタイプですよね(笑)

違いですかぁ…
貝殻の 色?模様?とかで 区別できそうな…

あまぺでぃあ、いつも参考になります(笑)

逆にそこまでは調べなかったのですか?(笑)

…違いわかんねっsweat01
あさりが川か海かもわかんない自分って…っω・

二枚貝の特徴について今日(時間的に昨日)試験がありました・・・。
ハマグリって海産じゃなかったですかね?
この2種類は小さい時は流され、着底すると遊泳できないという点では同じタイプです。早い話が、分類の違いといえばいいのでしょうか?
詳しくは説明できませんが、貝などのような無脊椎動物もいろいろ細かい分類があるのですが、はっきり言ってその分野についてかなりの知識がないと、こいつらのような低生動物の分類は難しいです!
海は広いし、それだけ多くの生き物がいるということですw
全く答えになってなくてすいません!!

貝殻の表面が違うらしいですよ。
アサリはギザギザでハマグリはツルツル。
あと、身もハマグリの方が軟らかめなんだとか。

ぉっ!

初めて最新したての記事にコメント書きます^^ゞ


確かにハマグリとアサリの違い分からないです;
どうなんでしょうかね?;

この記事へのコメントは終了しました。

フォトアルバム

 ○○RELEASE INFORMATION○○

NEW ALBUM
「ビューティフル・デイズ」(前後編)

ビューティフルデイズ前

2016年11月9日発売
6曲入りCD+MV
¥2,000-


ビューティフルデイズ後

2017年4月26日発売
6曲入りCD+MV
¥2,000-

  

天野月(子)
15周年企画アルバム
「元服」

元服ジャケ

2015年11月18日発売
10曲入りCD+7曲入りMV集
¥2,700(税込)

天野月
ニューシングル
「BLACK BEAUTY」

ブラックビューティジャケ

2015年11月18日発売
2曲入りCD
¥1,000(税込)

 

天野月ALBUM
提供楽曲セルフカバー
「帰省ラッシュ」

帰省ラッシュのジャケ

2015年6月10日発売
20曲入り2枚組CD
生産限定2,000枚
¥3,800-

 

天野月 MINI ALBUM
「ごもくならべ」

ごもくならべジャケット

2014年10月1日発売
5曲入りCD
¥2,500 

 

奥田美和子と天野月
第一弾シングル
「無限」

6a0120a66761ae970c01a3fcab605c970b-250wi

2014年2月12日発売
CD+DVD
¥2,000

 

天野月 ALBUM
「Daisy」

Daisy_限定版(変換後)
2013年9月25日発売
KURA-0044
(初回限定盤・2CD)
価格 ¥3,900-

Daisy_通常盤(変換後)
2013年9月25日発売
KURA-0045
(通常盤・1CD)
価格 ¥3,000-

 

天野月 バラード集
「静かの海」

H1_h4,jpg
2012年11月7日発売

KURA-0042
価格 ¥3,000-
形態 CD1枚

 

天野月 ALBUM
「天の樹」
DGCA10041_J
2012年7月25日発売
DGSA-10041
価格 ¥3,000-
形態 CD 1枚
 
 
天野月 MINI ALBUM
 「薔薇と真珠」
KURA40_J

2011年11月9日発売
KURA-0039(通販限定盤・完売)
KURA-0040(通常盤)
価格 ¥2,500
形態 CD 1枚

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad